再販売情報

10月23日 21:00 10月23日 21:00

シェルコードバン スタンフォード

フローズン アレフランス

10月23日 21:00 10月23日 21:00

マルティーニ バイブル手帳

ロンドンブライドル バースファントム

10月23日 21:00 10月23日 21:00 10月24日 21:00

ブルキャラック ティベリオ

マットーネ マネークリップ

ナポレオンカーフ ボナパルトL字ファスナー

マットーネ 経年変化の様子 ココマイスターメンズ財布

革の染色法には大きく分けて2種類あり、
革に塗料をしみこませる染料染め
革を塗料で覆う顔料染め、がある。

 

顔料染めは表面をコーティングするため、長い間色が維持され、
傷などもつきにくいが、革本来の模様や質感を覆い隠してしまうという面もある。

 

染料染めは、革に占領をしみこませるので、革本来の模様を存分に楽しめるが、
傷がつきやすく、時間とともに色も変化するという特徴がある。

 

ココマイスターの革財布は、ほぼすべてが染料染めであり、
時間とともに変化する様子を楽しむことを推奨している。

 

では実際にどのように変化していくのか?
マットーネシリーズの経年変化した商品をみせてもらった。

 


これは人気のマットーネラージウォレットの新品の状態。
革のシボ模様、風合い共にキレイで高級感がある。

 


おなじマットーネを使用した二つ折り財布の2年使用した状態。
全体的に光沢が非常に増しており、
また、色合いも深みが増している。

 


内装のヌメ革も経年変化がかなり見られる。
新品では白に近いベージュだったが、
深いアメ色〜端の部分は茶色になってきている。
毎日使うことで手の脂なども染みこみ、
多少は水も弾くようになってくる。