革製品の基礎知識

ココマイスター,バッグ

 革とは??

 

 生活シーンで使われる革製品(バッグ、財布、小物)などは全て”革”です。
しかし、革とは一体なんなんのか意外と知られていないですよね。
 まずは皮と革の違いについて、簡単に分かり易く説明しましょう。

 

 革と皮はどちらも「かわ」に違いはありませんが正確には、

 

 動物から剥いだ状態のものを“皮”といい、
タンナーという職業の方々による”なめし”という工程を経たものを”革”と呼びます。

 よって、製品になるものは全て”革”と呼びます。

 

 皮となると、動物の皮膚の状態を指すのが一般的です。

 

 革の色付けの方法

 

 革の色つけには大きく分けて、2つあります。

 

 それは、”染料仕上げ””顔料仕上げ”の二つです。

 

 (コードバンやブライドルなどの特殊な加工の皮革は例外です)

 

 

 まず、革の段階で傷1つ無いものは存在しません。

 

 革を加工する人は、傷を隠すのか。傷を生かすのか。という部分の選択を行います。

 

 この選択で、後にエイジングと呼ばれる、革の経年変化に影響がでます。

 

 

 ”染料仕上げ”はエイジングを起こしやすく、 時とともに美しい風合いへと変化します。

 

 それに対して”顔料仕上げ”というのは、皮革の表面にペンキを塗るように色付けを行います。

 

 そのため、顔料仕上げは傷を隠し、キレイな表面になりますが、経年変化は起こりづらいです。

 

 正確には、経年変化しているのですが、表面に塗ってあるペンキが変化を隠します。

 

 

 一般的に多いのは、顔料仕上げとなります。

 

 本革=経年変化を起こすのではなく、染料仕上げ、もしくは色を付けていない素のままの状態の革は、経年変化を起こすのです。

 

ヌメ革などは素のままが多いです。

 革の表情について

 

 染料仕上げでは、革本来の風合いを出すため、以下のような特徴があります。

 

 

 ☆バラキズ

 

     引っかいたような傷や、虫刺され、怪我などが痕になって表れたものです。

 

     一見、爪で引っかいたようなあとに見えますが、立派な染料仕上げの証なのです。

 

     顔料仕上げで傷のない皮革は、経年変化を起こしにくいのは説明しましたが、

 

     この傷こそ、天然皮革の証なんです。

 

 

 ☆革らしいシワの表情(通称、トラ)

 

     動物は生きている間に、当然皮膚にシワができます。

 

     筋状に何本も走ることもあるシワは、革の証です。

 

     革らしい表情を醸し出してくれる大切なものなんです。

 

  

☆色の濃度の違い

 

     1つ革といっても、1枚の革で濃度やシボと呼ばれる、肌目の細かさが少しずつ異なります。

 

     その変化こそ革の代名詞とも言えます。

 

     同じものは2つとない、皮革製品の醍醐味です。

 

  

☆稲妻のように走る、皮革の証

 

     稲妻のように革の表面は、ウシの血筋です。

 

     筋状に何本も走ることもあり、革らしい表情を生み出してくれる

 

     重要な要素の1つです。

 

 

     このような表情も、天然皮革ならではですね!

 

使うほどに味が出る

 

   革製品の醍醐味は、使うごとに味が出る、育てていく素材ということです。

 

   日焼けや、手の脂などで、使ううちに革の色が深くなり、

 

   ツヤが出てきて美しい表情を作り出します。

 

 

   ヌメ革などは最初は硬いですが、使ううちに柔らかくなります。

 

   独特のハリ感はそのままで、くったり馴染んできます。

 

   味の出し方は千差万別、同じものは世界に1つもないと言えます。

 

   革自体のクセもそうですが、使ううちに付く傷は

 

   革製品を使いたおしている証。革にとっても嬉しい表情なんです。

 

 

   さらに使えば使うほど、味が出ていく。

 

   それは革にとっても幸せなことなんですね。