再販売情報

8月17日 21:00 8月17日 21:00 8月17日 21:00

オークバーク ブリストル

パティーナ 長財布

コードバン 馬蹄小銭入れ

クリスペルカーフ ロシュウォレット 実物評価

 

ドイツ製の皮革を使用したシリーズの長財布
ドイツでも歴史ある皮革業者が製造したボックスカーフ(生後6ヶ月以内の仔牛)を使用しており、
他のシリーズとは明らかに一線を画した質感が特徴

革なのでシボ感があるのは当然だか、そのシボが非常に細かい
ブライドルやコードバンのように、ロウを塗りこんでツルツルに仕上げているのではなく、
マットーネのように革の風合いを活かした大胆なシボ感でもない。
”水シボ”と呼ばれるらしい、非常に細かいシワのような質感が、なんとも高級感を醸し出している。

 


内装はヌメ革を使用せず、見える部分はすべてクリスペルカーフで仕上げている豪華な仕様
ただし、小銭入れやカード入れの内側などにはヌメ革が使用されている。
小銭入れのファスナーが目を引くが、それ以外にも札入れ×1、カードポケット×6、フリーポケット×2と平均的な容量

 


小銭入れには片側のみマチが付いており、見た目以上に容量がある。
ただしスリムに抑えてあるため、基本的にはあまりコインは入れないほうがいいと思う。
小銭は別で持ち歩いたほうが、スリムな作りを活かせてスマートだろう

 


札入れに必要以上にマチをとっていないため暑さはかなり抑えてある。
スーツのポケットでもかさばらずに持ち歩けるだろう
なるべく薄い財布を希望していても、小銭入れ無しは不安という方も多いので、
そういった方には、抜群のフォーマル感を持つこちらのシリーズをオススメしたい。